◇◇◇ 安久号の紹介

◇◇◇ 安久号の紹介

◆ 歴史の軌跡 台湾の歴史は唐、宋、元、明を多って及び鄭成功という人がオランダ人を屈服させてから 康熙年間まで漢族人が少しずつ台湾に来る。初期は台南と淡水の発展を主にしました。 台北は始めてからの百年ぐらい間に大稲埕と言いうところを商業中心にして道光初年の時 は台北が台湾の第三大都市になって、その時一府(台南)、二鹿(鹿港)、三艋舺(台北)と 呼ばれていました。 ◆四代伝承老字号 百年不変の承諾 『安久號』の最初店名は『萬福號』と言う、西元1898年に台北の大稲埕で創立した、高級食品(例えばからすみや,ふかの鰭や鮑など)を経営していました。1960年『永久號』の店名に変更した、いまは台北市忠孝東路で『安久號』の直売店は 四代目の長子-簡志安が經營しています、簡族歴代はお客様に高品質のものを提供する信念を守ることにより、多くお客様を持つことができますが、しかもお客様からの信用と尊敬をもらいました。そのうえ1998年台北市の政府から『台北老店』と言う栄誉を与えられました。これは百年余りの『台北老店』のサービスと品質を認められることではないでしょうか。 迪化街での百年老店東區からサービス差し上げます
  • 顯示:
  • 筆商品
  • 1
本網站使用您的Cookie於優化網站及您的購物經驗。繼續瀏覽網站即表示您同意本公司隱私權政策,您可至隱私權政策了解詳細資訊。