◇◇◇ からすみの料理

◇◇◇ からすみの料理

からすみの料理は酒焼き、酒炒め、芳しくあぶる、及び油で揚げるなどの作り方があります。どの方法も一番大切なのは からすみを熱過ぎないようにしてください。つまり (外熟内生)で良い、そうしないと油脂と水分が流れて、特有な歯ざわりと香りを失ってしまいます。 1 酒焼き:まずからすみの表面に米酒を塗りつけて、さらに置 いて、約50ccの高梁酒をからすみ盛った皿に入れて、直接に高梁酒 を燃えて、火が消えるまでたびたびからすみをひっくり返してください。 それからからすみをさらに盛って涼めてから薄くきってください。 ◆ 酒焼き 2 酒炒め:まずからすみの表面に米酒を塗りつけて、平たい 釜 に約30ccぐらいの米酒を入れて,火をつけて、たびたびからすみをひ っく り返していて、両面を平均に熱を取って、酒が乾くなる時 に火を消してください。それから、からすみをさらに盛 って涼めて から薄く切 ってください。 ◆ 酒炒め 3 芳しくあぶる:米酒でからすみを塗りつけて1~2分位放置する後、からすみを予熱の焼箱にいれて、200℃で約3分くらいあぶる、或いはからすみの表面が金色になったとたんに取り出しても良い、涼めてから薄く切ってください。 4 油で揚げる:からすみの表面に米酒を塗りつけて、釜の中の油を熱くした後、からすみを入れて、5秒ほど揚げれば十分です。油を濾して涼めてから薄く切ってください。 料理の秘訣: からすみを薄く切って生で食べる事が出来ますが、上記の作り方が一番いいです。からすみを料理する時、表面だけちょっと処理したらいい ですけれども、からすみは(外熟内生)の状態にすることをしっかり覚えておかなければならないです。熱過ぎると、からすみの香りを失ってし まいます。 1、 からすみを作る時に、膜を抜かないで、そうしないとからすみはばらばら になりやすいから、あるいは熱過ぎやすいです。 2、切ったからすみは薄切った大蒜及び大根と一緒に食べたら味がもっとおいしいです。 3、食べ残ったからすみはきれいなビニール袋に入れて、冷蔵庫の中で一週間保存す ることが出来ます。次回直接に取り出して食べていいです。もし少し米酒炒めたら 味が おいしく食べられます。
  • 顯示:
  • 筆商品
  • 1
本網站使用您的Cookie於優化網站及您的購物經驗。繼續瀏覽網站即表示您同意本公司隱私權政策,您可至隱私權政策了解詳細資訊。